【貯金】20代に貯金は必要か?

その他

20代の貯金額として、どの程度の金額を手元資金として残しておくべきか、検討します。

 

現在の状況

前提情報として、現在の私は以下のような状況にあります。

・20代
・独身
・サラリーマン
・手取り約17万
・会社寮生活

 

サラリーマンとして働いているため、定期的な収入があります。

また、給料天引きの会社寮で生活しているため、手取りからの大きい支出はありません。

 

以上を踏まえた上で、貯蓄と投資の割合を考えて行きます。

 

 

貯蓄と投資に関する一般論

私は以下のような、貯蓄と投資に関する一般論をよく目にします。

「投資の割合は、(100-年齢)%」

 

ただ、これは一般論なので、個々の状況に応じて異なってくると思います。

 

豚野郎の貯蓄と投資の割合

私の貯蓄と投資の割合は、

貯蓄:50万円

投資:その他全て

で良いと考えております。

 

理由としては、以下が挙げられます。

・給与として定期的な収入がある。

定期的な収入があるため、常に大きな金額を手元に置く必要がない。

 

・現在のライフステージでは、急を要する大きな出費はない。

現状、車の買い替えなど、大きな支出の予定はありません。

また、病気などになった場合でも50万円あればある程度の期間は賄えると想定しています。

 

・投下資本の最大化によって、投資リターンの最大化を図りたい

投下する資本の大きさによって、将来のリターンは大きく変わってきます。

20代のうちは、投資を優先します。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました