【投資方針】米国株の積立と日本個別株投資

投資方針

ブログを立ち上げた、2019年9月現在の投資方針を記載します。

投資方針

給料の余剰分を米国株インデックス投資と、日本個別株投資を半々。

現在、毎月17万円程度の手取りがあります。

これだけあれば、毎月の収支は赤字にはなりません。

常に50万円程度の現金がいつでも引き出せるような状態であれば、急を要する出費があった場合でも対応できると考えています。

よって、毎月給与口座で、50万円を上回る部分を投資に回して行きます。

また、日々の生活は極力節約を行うこととし、毎月10万円の投資を目指します。

米国株投資

米国株のインデックスファンドへの積立投資をしていきます。

米国株は、日本株と比較して安定的なリターンを叩き出しています。

今後も同じ傾向にあるかは、注意深く見守る必要があるとは思いますが、現状は米国株への積立が最良だと考えております。

 

仮に、年利4%で運用できたとした場合の資産額を計算すると以下のようになります。

 

積立額 5万円/月
年利 4%
年数 元本 資産
5年 300万円 338万円
10年 600万円 749万円
15年 900万円 1249万円
20年 1200万円 1858万円
25年 1500万円 2599万円
30年 1800万円 3500万円

 

米国株のリターンは、これよりも高いことが予想されます。

積立の最低目次表として、上記以上のリターンを目指していきます。

日本株投資

個別株を分析しながら、キャピタルゲイン狙います。

個別株で見た場合、日本でも見どころのある株はたくさんあると考えます。

銘柄を分析し、長期で株価が1.5倍から2倍になってくれそうな銘柄に投資を行います。

(英語ができないんので、米国株でこれはできません。)

 

仮に元本が100万円で毎回の取引が、2倍、1.8倍、1.5倍になったとして、1億円に到達するまでの取引回数は以下のようになります。

回数 2倍 1.8倍 1.5倍
1 200万円 182万円 150万円
2 400万円 327万円 225万円
3 800万円 589万円 338万円
4 1600万円 1060万円 506万円
5 3200万円 1908万円 759万円
6 6400万円 3435万円 1139万円
7 12800万円 6183万円 1709万円
8 11130万円 2563万円
9 3844万円
10 5767万円
11 8650万円
12 12975万円

2倍→7回、1.8倍→8回、1.5倍→12回だとすると、なかなか現実的な回数に思えて来ないでしょうか。

無駄な取引はせず、数年単位で2倍以上の値上がりを期待できる投資をコツコツ続けて行く予定です。

 

まとめ

給料で得た収入を、

・米国株インデックス投資

・日本個別株投資

で増やすことを目指します。

 

 

 

コメント

  1. […] 【投資方針】米国株の積立と日本個別株投資 […]

タイトルとURLをコピーしました